日本酒 おすすめ

冷たく冷やしたり、水割りやロック、人肌に温めたりなど、その時の気分や合わせる料理によって、一つのお酒を様々な飲み方で楽しむことができるのが日本酒の醍醐味といっても過言ではありません。メーカーによって産地や米の種類、水にこだわりがあり、定番ものから季節限定や数量限定、地域限定ものまで入れると、種類も数も実に豊富です。日本酒には、精米歩合といって原料となる玄米の表面の削り度合いや全体の質感を調節するために添加する醸造アルコールの程度によって、吟醸酒2種、純米酒、2種、純米吟醸酒2種、本醸造酒2種の全8種類の名称があります。更にその中から仕込む際の方法や熟成期間などで変化をつけ、同じ種類の日本酒でも風味や味に変化をつけて醸造されているものもたくさんあります。おすすめは酒造りの最初につくられる新酒やもろみが入っている濁り酒など時期が限定されているものもあります。

誰のために何の為に日本酒を選ぶのかを考える

このことから、人に贈るためのおすすめの日本酒をその中から選び出すことは興味の有無や慣れない場合は至難の業となりえます。日本酒の消費量が最も多い年代層は50代から60代で、次に40代と70代になり、若年層は少数派の傾向にあるようです。いずれも家飲みがメインの割合となります。しかし、日本酒好きな人でも、夏だけは炭酸系のさっぱりしたのど越しを求めてビール派になっていることもあります。その場合は夏季を避けて贈ると喜びの度合いも大きく違ってくると思います。又、季節によって日本酒が一番おいしいと思える時期も人それぞれ故に、普段お酒の席でご一緒する機会がある場合は、直接聞いてみるか、注文する日本酒を判断材料にしてもよいでしょう。普段合わない人の場合は、その人の周囲から好みやよく飲む時季などの情報を聞いて選ぶことが無難といえます。

日本酒の試飲会やフェアを利用しておすすめの逸品を探し出そう

おじさんの飲み物としてのイメージが強かった日本酒は、年配者層の支持もある中で、若年層が主に外飲み用としての需要が増えつつあると言われていることから、どの年代にも日本酒をおすすめできると思われます。リサーチする方法は、地域の居酒屋で日本酒の情報を集めたり、百貨店やショッピングモール、専門店などで行われる試飲会に参加したり、ある程度的が絞れているなら、日本酒の銘柄をデータベースにしたサイトを参考にするのもよいと思います。ものがわかればネット通販などでお得に買うことも賢い選択と言えます。予算に応じて1本から複数の銘柄の詰め合わせを選びます。もしも迷った場合は、店頭で目立った商品や、聞き覚えのある銘柄を選んだり、お店の人に贈る目的や予算、好みなどを伝えて相談するとよいでしょう。