日本酒 おすすめ

日本酒を購入したいと考えた時、美味しい日本酒を適正な価格やできれば安く手に入れたいと考えるかと思います。その為には、酒造から信頼されている正規販売店から入手する事が大切です。正規販売店であれば値段も適性価格で購入する事ができますし、転売業者などと違い温度管理など日本酒の品質管理もしっかりとしています。日本酒を購入すると考えると大抵スーパーや昔ながらの酒屋などを思い浮かべますが、日本酒の品ぞろえが良かったり、相談できる人がいれば店頭で購入するのもいいかと思います。ですが、相談できる人や種類を多く珍しい物まで用意している酒屋は少ないかと思います。そんな時は、インターネットでも簡単に購入できますので、ホームページを検索するのもおすすめです。酒造のホームページであればネット販売されていたり、正規販売店の情報も手に入ります。

ぜひ一度試してもらいたい安くて美味しいおすすめの日本酒

様々な日本酒を購入してみたいと思う方は、一度試してもらいたい日本酒があります。美味しくて安く手に入る日本酒の銘柄です。獺祭 純米大吟醸50です。こちらはオバマ大統領に振る舞われたとされ、値段の高いイメージがある獺祭なのですが、純米大吟醸50であれば四合瓶の720mlで1,600円程です。グレードの高い物もありますが、純米大吟醸50でも十分美味しいのでおすすめです。黒龍 いっちょらいは、初めて大吟醸酒を販売しだしたのが黒龍酒造だとされおり、少量生産品で日本一高価な日本酒とされました。そんな黒龍のいっちょらいは四合瓶で1,300円程です。東洋美人 純米大吟醸 一番纏はプーチン大統領が訪日された際に振る舞われた日本酒です。値段は少し高めですが、四合瓶で3,800円です。大辛口 純米吟醸は、スッと飲みやすい日本酒で1,600円もあれば購入できます。

日本酒の種類分けとは。飲みたい日本酒のおすすめはどの種類になるのか

日本酒の種類を分ける吟醸や大吟醸は精米歩合で変わります。日本酒には普通酒と特性名称酒に分かれ、特定名称酒は大吟醸や吟醸などの名前で区分されます。その違いは米を精米する時米の中心部分までどれだけ磨けるかが精米歩合とされ、50%残し50%磨けるものは大吟醸、60%残し40%だけ磨けたのなら吟醸と中心部から遠のく程雑味部分が残ります。一般的に多く削れた米を使用した方が、雑味もなく香りが良いなめらかな舌触りであるとされています。他にも、純米とつく物は醸造アルコールを使用していない証になります。醸造アルコールはサトウキビなどに酵母を加え醸造させて作るエチルアルコールで、これが含まれると香りが良くスッキリした味わいになります。この醸造アルコールを含まない日本酒に純米とつきます。フルーティーな日本酒が飲みたい時などは純米が付かない物を選ぶのがおすすめです。