日本酒 おすすめ

日本酒を購入するには様々な方法があります。店舗で買う場合にはスーパーマーケット、コンビニエンスストア、酒屋とあります。スーパーマーケットは種類が豊富ですが、店員さんもお酒に詳しい人がいるとは限らず、何を買ったらよいか分からないという事があります。コンビニエンスストアは種類が少ないですが、最近では酒類に特化したところも多く、おすすめを教えてもらう事ができます。酒屋は入りづらさを感じる人もいると思いますが、お酒専門のお店なので店員さんから詳しい話を聞く事ができ、アドバイスももらえます。また、インターネットでは頒布会と呼ばれる酒屋主体のサービスが人気です。目利きの人が選んだ旬のお酒やおすすめのお酒が定期的に届くサービスで、忙しくてお店に行く事ができない人、日本酒を始めて飲む人でも美味しいお酒を楽しむ事ができます。

知っておきたい日本酒の種類と違い

日本酒は種類も様々で、おすすめを聞いても違いが分からない事が多くあります。そんな日本酒を簡単に説明します。そもそも日本酒とは米、麹、水を原料とし、日本特有の製法で作られた物の事を指します。日本酒は原料や製造過程の違いで種類が分けられています。その際に基準となるのが精米歩合で、製造過程でどれくらいお米が削られたかを表しています。一般的にこの精米歩合が高ければ高いほど良いお酒とされていて、原材料が多く必要になるので値段も上がっていきます。それにより、純米酒、吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、特別純米酒、本醸造酒、特別本醸造酒の8種類に分けられています。使っているお米や麹を作る酵母の違いなどにより、ブランドも変わってきます。貯蔵方法や作り手の思いによってもその味は変化し、奥深い飲み物とされています。

自分好みの日本酒を探す為にしたい事

自分好みの日本酒を探したいと思ったら、試飲をするのが最も効率的です。お店によってはキャンペーンをし、様々な日本酒の試飲ができたりするのでお店の情報も要確認です。お店の人に相談をする時には自分の好みを伝えたり、日本酒を飲むシチュエーション、合わせる料理を伝える事でそれぞれに合ったものを教えてくれることがあります。また、初めのうちは苦手を伝えない事も大切です。例えば先に甘いお酒は苦手と伝えてしまうと、味覚は人それぞれの為、実際飲んでみたらそこまで甘くないものでも、おすすめの対象から外れてしまう事があります。様々な銘柄や種類と出会い、自分の傾向を探っていくのも日本酒探しの醍醐味です。また、知らない用語はその場で聞く事で日本酒についての知識が深まったり、次に自分で選ぶときに役立ちます。